ゆめゆめ惑うことばかり。

V6やらNEWSやら趣味活動のことをつれづれと。

夫同行コンサート~きっかけ編~

気付けば前回の更新から早半年以上。引越しやら色々準備やらそもそも結婚式やらで結局ばたばたしてしまい、久しぶりの更新。

 

さてさてタイトル通り、わたくし、夫とジャニーズコンサートに行ってまいりました。

行ったのもNEWSの「White」なのでもうかなり前の話ですすみません。時差ありすぎやろ。

 

思えばジャニヲタ大学生活を謳歌していた8、9年前頃だろうか。ジャニーズも好きでも彼氏も欲しい出会いねえよ、てなってた頃、私は当時から大好きだったビールを片手に、「一緒にライブに行ってくれる彼氏とか最高やんね!」と熱く語ってたな。

それに対して、非ヲタの友人達に、「え、それって彼氏の横で別の男に黄色い声あげるってことやろ、そんな彼女嫌やろ」とばっさり切られたことを鮮明に思い出している。そこの考えはジャニヲタの中でもきっとそれぞれなんだと思うけど、少なくとも私にとっての「彼氏」と「アイドル」は全く違うカテゴリで、なので好きな「彼氏」と一緒に、好きな「アイドル」のコンサートに行くことになんの疑問もなかったわけで。

ただ、もちろん、それを達成するための大きな障害として、「彼氏」側のジャニーズへの偏見とかあの特殊な空間に男性が入るという勇気とか、そういうものがあるから、実現しがたい夢だろうな、と思っていた。

でも、非ヲタの友人からすれば、付き合ってる男性と一緒に別の男性にキャーキャー言いにいくのってどうなん、て感覚だったらしい。なるほどそこか、と割と目から鱗だった。

 

とまあ、そんな長い前置きはおいておいて、そういうわけで、こんな夢が実現するとはよもや思ってなかったし、籍を入れてからもそれを実現させようとは特に思っていなかった。

ただ、今回のツアーでは結局それが実現してしまったわけでございます。

そもそものきっかけは何月かな、年明けあとくらいかな、に遡る。

 

まだこの時は籍は入れたものの引っ越し前で一緒には住んでおらず、ある日夫からのLINEでの連絡。

「GWの予定ってまだ空いてるよね」

とのことだった。なんでも夫側の親戚への挨拶でちょっと2泊くらいで遠出したい、との旨。親戚関係のイベント、これも嫁の仕事ということは、27歳女としてはもちろん理解はしている。GWの予定もまだ決まっていない。

ただし、私には懸念事項があった。実はこのとき、春からNEWSのツアーがある、ということはリリースされていて、ただ、具体的な日程は出ていない、という状況であった。そして、親戚の仕事の関係もあって、夫が指定してきたのは曜日でいうと土日月の日程。「春からのNEWSツアー」「小山は平日ニュースキャスター週末アイドル!」というこの情報を兼ね合わせる。こうなると皆様もお分かりだろう、そう、GWの土日にNEWSツアーのどこかの日程が重なってくる可能性が非常に高い、と不安だったのだ。

 この旨を赤裸々に夫に伝えたところ、案の定、「日程まだ決まってないんでしょ。それって完全に予想やん。そんなピンポイントで当たったりしないでしょ」と、一般常識のある大人として至極当然な反応。結果、GW土日の親戚行事が決定した。

 

ところがその一週間後、NEWSツアーの日程が決定した。私の予想がびっくりするくらいどんぴしゃで、しかもGWの土日は関西在住の私にとって一番近くでいける、大阪公演だったのである。

私は「ほらみろ」とどや顔で日程を提示。夫は「え、予想当たったやん!すごいなあ」と日程の予想が当たったことに、ジャニヲタのその分析力すごいな!と呑気にむしろ感心されてしまった。ええそうでしょうすごいでしょ。だってそりゃもう長年日程予想しつつ休み考えたりしてますからね…! そして、社会人歴5年を超えるいい大人としてはあり得ない程目に見えて凹んだ私。日程決定日の次のデートで、気を使った夫が割と高めな中華屋さん(なにを隠そう中華が異常に大好きな私。こういう時に連れてくるためなのか一度も教えてくれていなかった中華屋さんだった)に連れていってくれて、ごちそうしてくれた。だが、高級中華で、涙目で凹んでいる女性とその向かいに座ってなんだか宥めている様子の男性。傍から見たら一体どんな別れ話をしているのか、という空気だっただろう。だが違う。本当は、「愛しのNEWSの大阪公演に行けない」ことでジャニヲタ女がただ駄々をこねているだけなのである。

今思うと、私は遠征もするし、大阪公演行けないことでそこまできーきー言うこともなかったのかな、と冷静に思う。が、なぜかそのときは必死だった。当落は別として、地元の公演に申し込んでどきどきわくわくする気持ちさえ味わえないのがショックだったのかもしれない。

結果、私は一つの提案をするのである。親戚行事をなしにすることはもちろん出来ないので、大阪公演は諦める。ただ、行ったことのない、仙台公演か北海道公演に一緒に行ってくれませんか行きましょうよ!というものだった。

私は遠征はするものの、基本的に遠征の端は決めていて、それが東は東京、西は福岡まで、というラインである。ただ、大阪公演に行けなくなった分、どこかの公演を増やしたいが、ほかに増やせそうなところが日程的にその二つしかなかった。加えて、私たち夫婦は四半期に一回はどこかに旅行に行こう、と決めている。なので、「この春の旅行を仙台か北海道にしましょう。そして、いとしのNEWSにも一緒に会いに行きましょう!」と提案したのだった。

私の勢いに気圧されてか、夫はあっさり承諾。今回、同行してもらうこととなった。

交通費および興味のあるグルメ的に第一希望は仙台だったのだが、安定の競争率の高さで落選。結果、北海道公演へ夫と行くこととなった。

また、実際のその様子は次回書きたいと思う。

 

 

それにしても、改めて冷静に読み返すと、アラサーとは思えない女やな、、、